FC2ブログ

風の又三郎この物語も宮沢賢治の書いたものの中でとても人気があるものですね。ある日転校してきた少年が風の神様の子だと思われるような不思議な感覚を残してあっという間にまた転校していくそう言う物語です。その子がホントに不思議な力があったのか神様の子供だったかは結局分からないまま強い印象を残して去っていくのです。強い雨と風の吹いた日に夜が明けると次の日は晴れた空がのぞいていた。あ、転校生の名前は高田三郎で...