今日は二つのニュースが、師走初めの街を駆け巡っているようです。一つは、毎年恒例の流行語大賞。PPAPとか、ゲス不倫なんてのありました。で、選ばれたのが『神ってる~』でした。広島カープが優勝した際に選手たちの、ここでこれしかないでしょうという活躍が、神がかっているってやつです。チャンスに強い印象の活躍した鈴木選手が代表でしたね。それと、今日、ユネスコの無形文化遺産に京都の祇園祭の主役の山鉾をはじめ、滋賀...

今日は朝9時から山鉾巡行がありました。特にきつい雨はなく、曇り空で、蒸し暑さもそれほどなくて、いい意味での巡行日和でしたね。滞りなく、巡行終わり、夕方からはお神輿がお旅まで練り歩く神幸祭がありました。巡行が終わるとすぐに山鉾ともに解体して、神幸祭は午後4時過ぎから開始で神輿が練り歩くのは6時半ごろからです。廻るのが各山鉾の町内、祇園、八坂神社の氏子町となっているので、練り歩くは大変。お旅所についたの...

明日は山鉾巡行。今日は、たくさんの人が見物に来られていました。傘鉾は、特徴的な踊りがあるんです。御朱印をもらっている方もたくさんいました。大体、100円から300円くらいの志納金を出していたみたいです。ともかく、そぞろ歩きは楽しいですよ懸装品もそれぞれ、いろんな発見があります。ちなみに、このライオンは日本画家の山口華楊さんです。(芦刈山)懸装品も、しっかり見ました。蟷螂山四条傘鉾屏風祭りの様子と祇園祭に...

祇園祭にくまモン参加

 16, 2016

祇園祭にくまモンが来てくれました。山伏山の町会所に登場です。熊本地震から3か月。復興支援を訴えての参加です。頑張るけん。と掛け声をあげてます。ぱんだ君も応援してます。...

祇園祭は今日は、17日の巡行をメインにすると、前祭の宵宵宵山となります。今日はまだ、出店なども出ていないので、比較的すいており、ゆっくり散策できたんではないでしょうか。14日は、祇園祭のもう一つの顔でもある屏風祭りとなります。屏風祭りは、鉾町と言われる地域の古い商家。由緒あるおうちが、その家の家宝を障子を開いて、格子越しではありますが、お披露目してくださいます。中には、玄関を開いて招き入れてくださるお...

13日夜の様子です。祇園祭、車輪もを取り付け、しっかり動ける準備できています・挽き初めは12日にしています。ホントにそれぞれの鉾、山に飾られた装飾品は美術品として素晴らしいです。いろんなところに工夫があって、マスコットと言っていいような彫刻も見られます。町はもう祇園祭一色ですね...

昨日が鉾建てだったので、今日はその様子見てきました。まだ、車輪も絢爛豪華な懸装品もまだ取り付けていない枠組みに縄を巻き付け結んだままの姿でした。でも、その縄のかけ方も美しいです。今のところは前祭の鉾、山が順次、建てられています。鉾は菊水と長刀の先を撮ってみました。長刀鉾菊水鉾ところでミニ知識鉾と山って何が違うのかというと、いろんな解説を見てみると、鉾は天を突く、武具に見立てた飾りがあるもので、山は...

7月10日には鉾建て始まります。けっこう大きいんです。一番大きい月鉾は12トンもの重さがあるんですよ。高さも26m。この鉾が動くんです。この動く美術品。鉾の上に囃子方や関係者がたくさん乗ります。それなのに一本の釘も使わず、縄でしばっているだけなんです。すごい技術があるんですよ。その作っている骨組みだけでも綱の様子が美しいです。朝早くから作り出して、午前中には建っています。7月10日には月鉾、函谷鉾、鳥鉾、菊...

巡行に向けて、日々、準備が進んでいる京都です。昨日は綾傘鉾の6人の小さいお稚児さんたちが、八坂神社にお参りしました。吉符入りから、次々と各山鉾が、いろいろな神事などを経て、巡行に備えていきます。綾傘鉾は、山鉾の古い形を残す傘鉾の1つで、大きな2つの傘と棒振り囃子が特徴です。 巡行では、6人の稚児と棒振り囃子の行列が先導赤熊(しゃぐま)という赤いかつらをかぶり顔を白い手拭いで隠し、棒を持った踊り手がお囃...

7月2日は、祇園祭では毎年恒例京都市役所 市議会議場でのくじ取り式がありました。これって、巡行の時の順番を決めるものなんです。でも、前祭(さきまつり)の先頭はくじを引かずとも長刀鉾って決まっているんです。この長刀鉾のように最初から順番の決まっている山鉾が9基あって、この山鉾を「くじ取らず」と言います。つまりこのくじ取らず以外の山鉾がくじを引くんです。で、前の祭りの長刀鉾のすぐ後ろの一番くじは山伏山が...

今日、7月1日から祇園祭が始まります。吉符入りというのは、各山鉾町で関係者が、祭の無事を祈願し、祭の打ち合わせを行います。吉符入の日は山鉾町によって異なります。八坂神社の神職の方のお祓いを受けて祭期間の無事を祈願。夜は囃子方も、神棚に手を合わせ、お囃子を奉納して吉符入を行います。鉾によっては、稚児人形のお披露目をされます。お囃子、それぞれの山鉾で調べが違います。曲も何曲もあります。コンコン、チキチ、...

祇園祭は鱧祭とも言われています。鱧って、京都以外ではそんなに珍重されていないような気がします。関西ではまだしも、関東ではあまりポピュラーでないかも。夏の鱧は、京都のごちそう魚です。たぶん、夏に生き生きとして生で食べられる魚が鱧くらいしか海から遠い京都の街ではなかったことが原因かと思います。ちょうど、その脂ののった うんまい季節とそれこそ ハモッたんだと思います。祇園祭のころは美味しい鱧料理が京料理...

祇園祭は7月1日からですが、ホントに奥深くって、説明するには、一回ではとても無理です。ほんのちょっとずつ披露していきたいと思います。で、祇園祭のメインは山鉾巡行ですよね。そこで、巡行は2回あります。今年は7月17日(日)の前祭の巡行7月24日(日)の後祭の巡行です。前祭は23基の山鉾が巡行。鉾は9期も含まれており、圧巻です。2014年から後祭として10基が巡行するようになりました。それまでは、33基がいっ...